本と劇場とひとやすみ。

観劇と読書と日常のことをつらつらと。

【観劇】劇団四季『CATS』18/01/30 ソワレ

忘れてはいけない 猫は犬にあらず ――『猫からのごあいさつ』

 

 こんにちは、やすみです。

 1月の終わりに一番好きなミュージカル『CATS』を観劇してきたので、今回はその感想をまとめていきたいと思います。

 この日はリハーサル見学会というイベントもあったのですが、そちらのレポも後半に少し書きます。

 画像はキャストボードです。

 

※少しネタバレも含まれます。まだ観たことのない方はご注意ください。

 


f:id:yasumimayo:20180204141732j:image

 

 

あらすじ

 満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。

 たくさんのジェリクルキャッツたちが、年に一度開かれる"ジェリクル舞踏会"に参加するため集まってきます。

 人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫

 それがジェリクルキャッツ。

 そして今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。

 再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。

 ※公式HPより

 

 登場するキャラクターは全員猫、という独特なミュージカル。

 猫しか出て来ないので、台詞も少なく、彼らが歌って踊り「自分こそが選ばれるに相応しい!」とアピールするところを観る舞台です。

 自信に満ち、自由に生きる猫たち。そんな彼らに嫌われ、のけ者にされている猫がいます。

 それが、娼婦猫 グリザベラ。

 

 この作品は猫たちの物語であり、グリザベラが再生を許されるまでの一夜の物語です。

 

www.shiki.jp

 

キャスト

 個人的な目玉は『マンカストラップ 萩原隆匡』さん!

 約半年ぶりのキャスティングになります。昨年の後半はほとんど『アラジン』の方に出演なさっていて、カシーム役とジーニー役をなさっていたようです。

 なぜ目玉かというと……私が初めて『CATS』を観劇した際にマンカストラップを演じていたのが、この萩原さんだからです!

 半年、この日を待ちわびていたのですよ……! もう一度、萩原さんの演じるマンカストラップが観たいと願って願ってようやく! 観ることが叶いました!

 

 また、『マンゴジェリー 斎藤洋一郎』さんもすごく楽しみにしていました。

 この方も私の初観劇キャストでしたので、この日の観劇は楽しみづくしでした。

 

 

マンカストラップの仕草

 オーヴァチュアのあとに始まる『ジェリクルソング』

 その第一声を放つマンカストラップは、舞台と観客を繋ぐ役割を持ちます。

 萩原隆匡さんの演じるマンカストラップは、特に強く観客を惹きつける力を持っているように感じました。

 舞台に登場して、一言「生まれたのか」と発し、白黒の縞模様の大きな彼から目を離せなくなる方も多いのではないでしょうか。

 

 この日、特に心に残ったのは、『グリザベラ 娼婦猫』の場面のマンカストラップの表情です。

 このときマンカストラップはグリザベラを見つめ、そして目をそらし、彼女が去っていくのを見送ります。

 嫌われ者のグリザベラですから、これまで私が観てきた別の俳優さんのマンカストラップは厳しい表情で彼女を見送っていきました。

 マンカストラップは群れのリーダー的存在ですから、そうするのも納得してきました。

 

 しかし、萩原さんのマンカストラップは、どうも他のマンカストラップとは違って見えます。

 グリザベラを見つめる目にはどこか苦しげな、後悔や葛藤の色が滲んでいるように思いました。

 彼女から目をそらす際も、見送る際も、こちらの胸を締め付けるほど苦しそうな表情でした。

 そして彼は、去っていくグリザベラを見送る際、右手を胸にあてます。まるで彼女に謝っているかのように。

 

 この場面の何とも言えない緊張感は、一見の価値ありです!

 

 

グリザベラの悲壮

 この日のグリザベラ役は木村智秋さんでした。

 木村さんのグリザベラは、本当に悲壮感の強いグリザベラだと思います。

 嫌われ、のけ者にされ、悲しみに満ちた孤独な猫だと感じました。

 

 特に『グリザベラ 娼婦猫』ではその色が強まり、この日の公演でこの場面が一番泣きそうになってしまいました。

 若く美しかった過去に縋り、強がって見せているものの、自分のことは自分がわかっている、自分が今どれだけみじめな存在か自分が一番わかっている……。

 そんな風に見えるグリザベラでした。

 

 ラストの『メモリーも圧巻です。

 無意識に拍手をしてしまいそうになる、という経験はこれまでで初めてでした。

 気高さを取り戻した彼女は、本当の幸せを知った彼女は、天上に昇るただ一匹の猫に選ばれるにふさわしいと心から思えます。

 

 

リハーサル見学会

 この日は公演前にリハーサル見学会というイベントが行われました。

 平日お昼の開催であるにも関わらず、受付開始時間にはもう人、人、人!

 改めて『CATS』と劇団四季の人気を見せつけられた気分です。こんなに多くの人に愛されている舞台に出会えて、人生ちょっと得したなあと感激しました。

 

 見学した場面は『ジェリクル舞踏会』というダンスナンバーの後半部分。

 ダンスキャプテンはランペルティーザ役の山中由貴さんで、丁寧に振付に込められた意味を俳優たちに伝えていく姿が印象的でした。

 激しいダンスが続くこのナンバー、真剣な目つきで山中さんを見つめる俳優たちは、もはや殺気に近い(すみません)空気を醸し出していて、この緊張感があの素晴らしい舞台を作り上げているのだと感動です。

 

 後半の質問コーナーでは、司会進行役にジェニエニドッツ安宅小百合さんが登場。

 続いてグリザベラ役木村智秋さん、タントミール役村上今日子さん、ランパスキャット荒木啓佑さん、カーバケッティ役桒原駿さんが登場。

 

 リハーサル直後の登場で、息が切れたまま一生懸命に進行しようとする安宅さんのお人柄がすごく素敵でした。

 参加者から集められた質問ボックスは荒木さんが持ち、そこから安宅さんが質問の紙を取り出す方式。

 BGMを誰かに口で(!)言ってもらうなど、終始和やかな雰囲気で進みました。

 

「猫メイクで時間がかかるところは?」という質問には、特徴的なメイクのカーバケッティ役・桒原さんが回答。

 ご自分の右目あたりを指さしたりしながら、「このあたりに紫のシャドウを使っているので、今日はよく見てみてください!」とのこと。

 五回ほど塗っているそうです。何度も「紫のシャドウが……」とおっしゃるので、相当なこだわりようですね。

 

 また、「今と逆の性別になったら、どの猫になりたい?」という質問には、全員が回答なさっていました。

 村上さんはミストフェリーズ、木村さんはラム・タム・タガー、荒木さんはシラバブをやってみたいそうです。

 安宅さんが回答する場面では、その隣で桒原さんがご自分を指しにこやかに「カーバでしょ?」なんて仕草を。

 それを見て安宅さんも「カー……バ……?」と話を合わせたり。自分がスーパーダンサーだったらやってみたい役、だそうです。

 荒木さんはシラバブとお答えになる前に「今の役(ランパスキャット)と似てるのはボンバルリーナかなと思う、だけど反対の役をやってみたい」とおっしゃっていました。

 喧嘩猫ランパスキャット役の荒木さんのシラバブ……ちょっと観てみたいですね。

 桒原さんは、体格のいい弟さんがいらっしゃるらしく、家に帰ったら弟さんにリフトしてもらうそうです。『ジェリクル舞踏会』でタイヤの上でカッサンドラとタンブルブルータスが行う振付をやってもらって、弟さんの膝の上に乗るとのこと。

 そのときにいつも「カッサになりたい!」と思うらしいです。

 

「疲れたときの息抜きは?」という質問では、荒木さんの回答がとても印象的でした。

 荒木さんは「どうぶつの森」を遊んで癒されているそうです。普段はゲームはなさらないそうですが、何も考えず勝ち負けのない世界を楽しんでいるのだとか。

 桒原さんが「こうやってみんなと喋ること」とおっしゃっていたのは、イメージ通りの明るい方なんだなあとほっこりしました。

 

 みなさんとても仲が良さそうで、すごく面白いお話が聞けました。

 桒原さんのムードメーカー的な立ち回りもとても素敵でした。

 

 公式での記事はこちら。お写真なども見れます。

 

www.shiki.jp

 

まとめ

 昨年末にたくさん通ったのですが、実は一か月ぶりの『CATS』観劇でした。

 ずっとずっと萩原さんのマンカストラップが観たくて、これを逃したらまたいつ観られるかわからない! と少々無理をして観に行って本当に良かったです。

 今のキャストは感動間違いなしです! ぜひぜひ大阪四季劇場へ!

 

『CATS』大阪公演も残りわずか。次は東京へ行ってしまうので、悔いのないようたくさん観に行けたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

やすみ

 

 

【読書】津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』感想

 

 

君を侵害する連中は年をとって弱っていくが、君は永遠にそいつらより若い。  ――P235

 

 

 

 こんにちは、やすみです。

 なかなかショッキングな内容でありながら、淡々とした文章、前半部分のゆるゆるな日常で独特な空気感を醸し出す作品『君は永遠にそいつらより若い』

 間延びするかと思いきや、ぐいぐいと腕を引っ張られるかのように読み進めてしまいました。

 

 今回はこの作品の感想を書き留めておこうと思います。

 若干ネタバレなどありますので、未読の方はお気を付けください。

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 大学卒業を間近に控え、就職も決まり、単位もばっちり。ある意味、手持ぶさたな日々を送る主人公ホリガイは、身長175センチ、22歳、処女。バイトと学校と下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常をすごしている。そして、ふとした表紙に、そんな日常の裏に潜む「暴力」と「哀しみ」が顔を見せる……。第21回太宰治賞受賞作にして、芥川賞作家の鮮烈なデビュー作。

 ※文庫裏より

 

 この作品の流れは、現在→過去→現在となっています。

 ホリガイが雨の中で傘もささずにボールペンで地面を掘る圧迫感ある現在から始まり、ゆるーい日常を送っていた過去(といっても一年ほど前)からまた現在へ向かって物語が進んでいくのです。

 

 物語の大部分を占めるゆるーい日常ですが、これがまた癖になるゆるさです。

 一般的に、登場人物のなんでもない日常を長々と読ませられるのは苦痛になりがちなものですが、この作品はそうではありません。

 なんとも表現しづらいおもしろさがあるのですが、一つ確実なのは主人公ホリガイの思想が興味深いものだからでしょう。

 

 しかし、このホリガイの日常も、後半に進むにつれ暴力的な物悲しさが顔を出してきます。

 河北とアスミを繋ぐリストカット、穂峰の死にまつわる真実、イノギの過去……。

 くすりと笑えた日常は、気づけば暴力と哀しみとやるせなさに満ちていきます。

 

 

 

強い力を持つ言葉

 タイトルにもなっている冒頭で引用した一文は、作中ラストに出てきます。

 この一文を筆頭に、難しい言葉を使っているわけでも難しいことを言っているわけでもないのに、強い力を持った文章が作中には数多く登場します。

 

 例えば、

 

 もし手首を切っているのならば、そんな抵抗をする意思が彼に存在することがせめてもの救いであるというようにわたしは思った。 ――P128

 

 語るための痛みじゃないか、それも他人の。 ――P68

 

 けどその中でも、特にあなたがいちばん気になるんだと、これからもずっと気になるし、あなたがわたしのことをすっかり諦めて忘れてしまっても、わたしはあなたのことを気にしているんだろうということを、どうやってイノギさんに伝えようかと思った。 ――P236

 

 と、主にこの三つがすごく心に残りました。

 特別なことは言っていないのに、どうも世の中の真理を突いているような気がしてなりません。

 言葉の芯の部分がとても冷たくて、けれどさらに奥の方には柔らかな温かい優しさが隠されている。そんな文章で紡がれたこの物語は、弱者に力を与えてくれます。それは強者に立ち向かう力ではなく、弱いままでも生きていくための力です。

 

 

 

主人公ホリガイの輝いていない魅力

 ホリガイは、ぶっちゃけ輝いてはいません。

 卑屈だし、ひねくれているし、下ネタだって言うし、部屋は汚いし、無気力だし、あらゆる女子力をドブに捨ててきたかのような女です。

 けれど、だからこそ、彼女が持つ度を超えた優しさが引き立つのでしょう。

 

 ゆるさの塊のようなホリガイですが、とても感性が豊かで、感化されやすい人間です。

 そして彼女自身、決して強くはないのに、目の前で苦しむ弱者を見捨てることはありません。

 ここでポイントなのが、ホリガイは毎回迷いながらも結局は手を差し伸べようとしてしまう、というところです。

 ホリガイは決して正義のヒーローではありません。自分でもなぜ危険を冒してまで助けようとするのか理解できないときもあります。

 それでも、助けたいと思ってしまう。そこが彼女の魅力なのです。

 

 ホリガイの迷いや苦しみは、無気力さによってマイルドにされていますが、これらは最も性質の悪いタイプの苦悩だと私は思っています。

 激しい苦悩ではないんですよね、こういうのは。激しさがないから、誰でも理解できるのに、誰にも深刻に捉えてもらえない。

 でもそういうものを抱えてなお、ホリガイは生きていきます。山も谷もあるけれど、平坦な日常を。

 

 

おわりに

 津村記久子作品を読むのはこれが初めてだったのですが、かなり好みの文体です。

 私、日々を淡々に生きる女性の話がすごく好きで、でもなかなかそういう話を見つけるのが難しくて、この作品に出会えて本当に感動しました。

 激しく胸を打つものではないけれど、じわじわと、悲しいけど、優しい気持ちになれる小説でした。

 作者の他作品も読んでみたい、と強く思える作品です。

 タイトルや最初の一文で尻込みしてしまう方もいるかもしれませんが、ぜひ諦めず最後まで読むことをオススメします!

 

 

 

 

やすみ

 

 

 

2017お疲れさまです!

「これが……恋なのか……」

 

 リアルにそんなことを思った2017年でした。

 

 

 はじめまして。やすみです。

 個人的にはあっという間の2017年でしたが、みなさんはどうでしたか?

 びっくりするくらい早かったのに、びっくりするくらい濃くって、短かったような長かったような、変な気持ちでいます。

 

 

 今日からブログをはじめようと思って今こうして書いてるんですが(書いてる時点ではサーバーすら決めてません)、年末感まったくなくってなんだこれって感じです。

※さっきはてなブログさんで書くことにしました。よろしくお願いします。

 

 

 で、どうしてこんなキリがいいのか悪いのかわかりにくいタイミングでブログをはじめようかと思ったかというと。

 純粋に、溜まりに溜まった観劇記録をまとめて、どこかに保管しておきたいなと思ったからです。

 

 

 観劇歴半年のド素人、初心者なんですが、ずぶずぶ沼にはまっていってる自覚がありまして。

 この三か月、休みの度に劇場に行ってた気がします。預金残高がそう言ってます。

 

 

 とはいえ、そのほとんどが同じ演目なので、経験値はあんまり溜まってないかもです。

 今年の観劇回数は19回演目は3種類

 みっつとも劇団四季のミュージカルです。関西圏に住んでいるので、その範囲内で上演している演目だけ。

 今回は簡単な感想を書いておこうと思います。ちゃんとしたものは近いうちに書き起こしてアップします。

 

 

 

 

劇団四季『CATS』

 

 いちばん観劇回数が多い舞台です。都会のごみ捨て場に集まる24匹の猫の物語。

 

 生まれて初めて劇団四季のミュージカルを観て、その初めてがキャッツで、まあ圧倒されました。とんでもなく圧倒されました。

 

 大好きなミュージカルで、書きたいことは色々あるのですが、それはのちのち。

 私の人生を大きく変えてくれたミュージカルです。これまた生まれて初めて好きな俳優さんができた舞台でもあります。

 

 冒頭のカギカッコはこの舞台でできたご贔屓さんについて。話し出すとキリがないので、また今度!

 

 

 劇団四季ノートルダムの鐘』

 

 キャッツにはまって、劇団四季ってすごい!と思ってたら京都劇場でやってるじゃないですか。

 

 チケット完売の大人気な舞台でした。運がよくって本当によかった……。

 ディズニーミュージカルって、結局最後はみんなハッピー!ってイメージがあったんですが、これはまあ苦しかった。

 最初から最後まで泣きっぱなしで、途中から自分がなんで泣いてるのかわからないくらい泣きました。

 

「答えてほしい謎がある 人間と怪物 どこに違いがあるのだろう」

 

 劇中の歌詞の引用です。

 とても印象深く、帰り道、ずっとこの言葉が頭の中に残っていました。

 できればまた観たい作品です。名古屋公演が始まったら行っちゃおうかな……。

 

 

 劇団四季アンデルセン

 

 わりと近所でやるらしい、と知って急いでチケットを取った記憶があります。

 一切予習せずに観に行ったのですが、とても暖かい気持ちで家に帰れました。

 

 物書きであるハンス・クリスチャン・アンデルセンの言葉のひとつひとつが愛情にあふれていて、その恋が報われなかったとしても、愛は伝わったのかな、と。

 

 個人的に重なる部分が多く、ときどき観ていて苦しくなったりもしたのですが、本当に素敵な物語でした。

 くすりと笑えるシーンも、じんと涙がにじむシーンもあり、物語らしい物語だと思います。

 

 

 

 

 2017年は上記のミュージカルを観ることができました。

 見事に偏っているのですが、本当に、素敵な舞台ばかりでいい経験になりました。

 

 

 2018年は劇団四季の他の舞台を観ることはもちろん、その他の舞台も観れたらいいな、と思っています。

 ミュージカルだけでなく、ストレートプレイも。小劇場、と呼ばれるようなところにも行ってみたいです。

 

 

 まっ、でも、追っかけたい人がいるので、そっち優先になっちゃうかもですが!

 

 

 ド素人の初心者ですので、少しずつ経験値をつんで、でも慣れてしまわないよう、常に新鮮な気持ちで観に行けたらな、と思います。


 ではよいお年を!

 

 

やすみ